八人のアダム開発日記_3

18/11/19

仕事や家事の最中に、気がつくと『八人のアダム』のストーリーのことを考えていることがある。

いい傾向だ。

たぶんこうやってストーリーというのは熟成していくのだと思う(思いたい)。

さて、最近よく考える作中の人物がいる。

その人はわりと最近誕生したキャラクターなのだが、頭に浮かんだときからなにか気になるものがあった。

私はその人に少し共感する部分があるらしい。

ちょっと(かなり)イカれた危険な人物なのだが、

目的がはっきりしており、わかりやすい。

プレイヤーは彼をどう思うだろうか。

楽しみだ。

さて、仕事などで忙殺される日々が続いている。

私の状況は相変わらず芳しくなく、冬の気配が高まるにつれ、こちらの心の中まで凍ってゆくような心持ちである。

体力がないフラフラの状態でもなんとか進められる制作作業は、私の場合、作曲だ。

少し作っては出力して、仕事の帰り道などで聞いて、また修正を加える。

そんなことをするうちに、ボス戦などでつかえそうな曲が少しづつ固まってきた。

次は通常戦闘、またはゲームのメインテーマに取りかかっていきたい。

システムはまだまだ組み途中だが、ぼんやりとした方向性が少しだけ見えてきた。

キャラの顔グラも早く作りたい。

そういう目に見える変化があると、やる気が呼び覚まされることがけっこうある。

やる気といえば、最近はTwitterから離れ気味である。

他人と自分を比較してしまって、なんだか疲れるからだ。

比較するのはよくない癖だ。でも比較してしまう。

まるで自傷行為だ。

心の余裕ができるまでは、SNSは控えめにしよう。

こんなかんじでも、ゲームのモチベは、けっこうある。

すっかり更新の止まっている『悪魔のロマンス』も、キャラのことを考える時間が増えてきている。続きが書きたい気持ちがじわじわたまってきている。

漫画を描きたい欲もちょっとづつにじみ出てきた。

 

だが、とにかく時間がない。

​進められるところから少しづつ進めてゆくしかない。